メニエル病と良性発作性頭位めまい症の違いについて

良性発作性頭位めまい症についての基礎知識と「めまい」の体験談。

メニエル病と良性発作性頭位めまい症の違い

メニエル病と良性発作性頭位めまい症の違い

めまい、というとメニエル病を思い浮かべる方も多いと思いますが、メニエル病と良性発作性頭位めまい症が異なる症状です。
メニエル病(メニエール病)は耳鳴りや難聴を伴うことが多いですが、良性発作性頭位めまい症が耳鳴り、難聴は伴いません。
しかし、昔から難聴であった場合など、判別が難しいこともあるということです。
また、メニエル病は頭の向きではめまいは起こらず、良性発作性頭位めまい症は頭の向きでめまいが起きます。
メニエル病は内耳全体の病気のため、吐き気を伴う激しい回転性めまい発作が反復し、難聴、耳鳴りが同時に起こる症状が出現します。

メニエル病の場合

また、メニエルの場合は発作が起きると、寝ているのが良い場合が多く、良性発作性頭位めまい症の場合は発作が起きると寝るとさらに発作が起きる場合が多いのが相違点とされます。

メニエル病は、前庭の中の内耳の部分にリンパ液が増えすぎて起こる症状です。
メニエル病は、回転性のめまい、耳鳴り、難聴、これら3つが起こってはじめて診断されるということです。
多くの方がめまいがするとメニエール病、と考える事が多いほど有名な症状ですが、実際に該当する人は多くないそうです。

次の記事 ⇒ 良性発作性頭位めまい症の治療法



眩暈

良性発作性頭位めまい症について記事を掲載しています。

経験者しか分からない、めまいの辛さ。
ぜひ、知っていただければと思います。

また、症状が辛い時には、無理せずに病院で診察してもらうようにしましょうね。

良性発作性頭位めまい症とは


良性発作性頭位めまい症とは

めまいが起きたら

めまい関連リンク集