めまいが起きたら

良性発作性頭位めまい症についての基礎知識と「めまい」の体験談。

めまいの種類

めまいを感じたら

めまいを感じることは、誰でも一度はあると思います。
通常の生活をしていても、立ちくらみなどはたまにありますよね。

そういう意味では一般的な症状とも言える「めまい」。

しかし、時として何かの症状のサインということもある眩暈。

一般的な対処の仕方となりますが、めまいを感じたら横になって休むこと
立っているとフラフラしたり、グルグルと世界が回転したようになっていると思いますので、転倒してしまう危険があります。
可能であれば、横になるのが良いと思います。

また、左右どちらかを下にして横になったときにめまいが酷くなるようであれば、仰向けで寝るようにすると良いでしょう。ただし、良性発作性頭位めまい症の場合には、頭位(頭の位置)がある一定の場所にくると眩暈に襲われますので、その位置を避けるようにして横になると良いと思います。

めまいが続く場合

めまいが長く続いたり、数日続いても収まらないようであれば、近くの内科か耳鼻科で診察してもらいましょう。
めまい外来があるのであればそこに行くと良いです。

めまいが体の不調を知らせるサインだったり、良性発作性頭位めまい症やメニエル氏病などであったりするかもしれません。また、ストレスがあるとめまいが起こることも多いそうです。

ちなみに、末梢性のめまいは、強いめまいです。
耳鳴りや難聴などの症状があります。
しかし、症状は数日で治まることが多いようです。

中枢性めまいは、めまいは軽い感じで、フワフワとしてふらつきなどがあります。
頭痛があることも。
また、舌がもつれたり、意識が喪失したりすることもあるようです。
こちらは長引きことが多いようです。

このあたりの判断は、やはり医師の診察を受ける方が安心できるでしょう。
専門知識をもたない私たちはいくら考えても答えは出ないことが多いですから、不安な場合にはやはり診察を受ける方が安心できると思います。

症状が長引いたりしたら、無理せず、一度診察を受けてみてくださいね。

次の記事 ⇒ めまい関連リンク集 眩暈をもっとよく知るためのサイト



眩暈

良性発作性頭位めまい症について記事を掲載しています。

経験者しか分からない、めまいの辛さ。
ぜひ、知っていただければと思います。

また、症状が辛い時には、無理せずに病院で診察してもらうようにしましょうね。

良性発作性頭位めまい症とは

良性発作性頭位めまい症とは

めまいが起きたら

めまい関連リンク集